北海道石灰化工株式会社

製品のご紹介


生石灰


最先端の設備から石灰パワーが生まれる。

生石灰

厳選した上質の石灰石を原料としております。

原石標準品位(%)
 CaO
石灰石54.0以上

メルツ炉中央監視盤

メルツ炉中央監視盤

焼成原理
生石灰の原料は石灰石(主成分:炭酸カルシウムCaCO3)です。石灰石を高温(900℃以上)で焼くと二酸化炭素(CO2)が放出され生石灰ができます。
炉の上部へ原料石灰石を投入し、炉中央部のランスに燃料を吹き込み燃焼させて生石灰とし下部より取り出します。この炉の特長として、2本の炉を交互に燃焼させ、燃焼空気を上部より吹き込み、排気ガスを炉下部の結合部から燃焼停止のもう一方の炉に流す構造を取っています。排熱の回収や予熱、均熱が効果的に行われるために熱効率が高く、高品質の生石灰を焼成することができます。

フローシート

フローシート



製品


製品のご紹介